2016年5月1日日曜日

新築住宅の補助金:平成28年度地域型住宅グリーン化事業

今年も始まります。!!! 

 

国交省が、中小工務店の住宅供給グループによる高性能住宅・建築物の供給を支援する「地域型住宅グリーン化事業」のグループ公募を開始した。

 
 補助対象となる新築木造住宅
長期優良住宅(補助上限100万円/戸)
認定低炭素住宅(補助上限100万円/戸)
性能向上計画認定住宅(補助上限100万円/戸)
ゼロエネルギー住宅(補助上限165万円/戸)。

 今年度は地域材を主要構造部分に過半使う場合の「地域材加算」(20万円)のほか、
三世代同居を想定した最大30万円の加算措置が設定されている。

建設する地方公共団体でも補助制度があったりしますのでご確認ください

例えば
習志野市の場合 住宅用省エネルギー設備について補助金制度があります。
太陽光発電システム、エネファーム、エネルギー管理システム(HEMS)
電気自動車充給電設備、太陽熱利用システムなど
 
コメントを投稿