2014年4月25日金曜日

ゴールデンウィーク

  ゴールデンウィーク間近になってきました。
弊社でも市川市曽谷の土地分譲、モデルハウス見学も事前ご予約いただければご案内可能です。お問い合わせお待ちしております。

季節もよくなり、10%増税前までに家を建てようとお考えの方々には、
そろそろ本格的に家づくりの検討を始めないと、10%に間に合わなくなる可能性が
高いというお話は、この場をお借りして何度か伝えさせていただきました。

そこで、こんどのゴールデンウィークは飛び石だから、近くの住宅展示場に見学
に行ってみようか、と、お考えのみなさまもいらっしゃるかと思いますが、
はじめて住宅展示場を見学したあと、ほとんどの方々が悩みを抱えてしまいます。

 それは、
 ○ 想い描いていたイメージ通りの住宅がなかった・・・。
 ○ すぐに決めてしまっていいものか、なんだか不安・・・。
 ○ いろいろ見てみたいけど、改めて行くには時間も労力もかかる・・・。


そこで、今週から始まるゴールデンウィーク。
予習がてらネットで自分にぴったりのイメージを探すコツ。そして、全国の総合
住宅展示場や全国各地で開催される完成現場見学会に行って、チェックする住宅
会社を絞り込むコツなど、この場を借りてご案内しましょう。


■【ネットでイメージを絞り込むコツ】
住宅展示場や完成見学会にいく前に、ネットで事前準備も大切なポイントです。

 1.気になる会社の施工事例  2.気になる会社の平均価格

上記2点をある程度チェックしておくと、住宅展示場や完成見学会でムダ足を踏む
ことが少なくなります。



■【住宅展示場や完成見学会で住宅会社を絞り込むコツ】

□ 住宅展示場の場合
 1.見学する会社はあらかじめ決めておく。
   見学は1日あたり3棟まで。
   これ以上では各社の住宅への印象・記憶が薄れるばかりです。

 2.見学する目的を絞る。
   誰がどのポイントを重点的に観るか、あらかじめ決めておきましょう。
   間取り、素材や部材、デザインなどあらかじめ目的を決めておいて、
   帰り道に軽く話し合い、帰宅後にはノートにまとめておきましょう。

 3.ゴールデンウィーク期間中の展示場イベントは要チェック。
   休日に住宅展示場に行くと、家づくり無料相談・資金計画相談・住宅会社
   選び方・工法の説明・外構(庭づくり)など、家づくりに関するさまざまな
   セミナーや相談会、体験イベントが開催されています。
   このような相談会や体験イベントを活用することも大切です。


■ 現地見学会の場合
 1.質問ができる程度の事前勉強を。
   特に基礎や構造の現場を見学する場合、建築の基礎知識を勉強しておくと
   スムーズな質問ができます。

 2.施工中の現場では職人さんの観察が大切。
   ゴミが散乱していないか。特に構造見学会の場合は道具や機械が作業しや
   すい状態になっているか。
   施工中の現場では、携わる職人さんたちの仕事ぶりがチェックできます。

 3.入居した方の話が直接聞けるOB施主見学会は恰好のチャンス。
   住宅会社を選ぶ際、もっとも参考になる見学会。本命の施工会社を絞る
   ときこそ、『OB施主見学会』への参加は欠かせません。
   実際に住んでみての感想、部材の経年変化、その住宅会社のアフター
   サービスなど、住んでいる方のホンネが聞ける絶好のチャンス。


□ 現場見学会に持って行くと良いもの

 1.デジタルカメラ
   帰宅してから記憶が薄れないので便利。
   室内撮影が基本になるので、どちらかというとコンパクトデジカメを
   使ったほうがスマホ・ガラケーで撮影するより、きれいな写真が撮れます。

 2.巻き尺
   スチール製で、できるだけ長いものが良いでしょう。
   気になる廊下の幅をはじめ、キッチンとカップポードの幅、高さをチェック
   するとき必須のアイテムです。

 3.ノート・筆記用具
   家づくりの専用ノートを用意。思い付いたことは、どんな細かなことでも
   メモしておきましょう。

 4.プリントアウトした周辺地図(完成見学会・施工現場見学会・OB施主見学会)
   周辺の状況や主要な施設が確認できます。
   ケータイやタブレットで観るのではなく、印刷して持って行くと、その場で
   気づいたことをすぐにメモできます。

 5.方位磁石
   部屋の方位が、その場で確認できます。

 6.クリアファイル
   渡された資料をその場でひとまとめに整理できます。
   家に帰ってからの分類が容易になります。

弊社のモデルハウスと住宅展示場にも足を運んで比べてみてください



コメントを投稿