2014年5月9日金曜日

床を貼っています。

大工工事中、床材を貼っています。
無垢床材は季節によって冬の乾燥の縮み、梅雨のような湿度が高い時の膨張によって
適度な間隔が必要になります。
白い付箋紙を利用して均等に保つようにしています。
また、搬入した床材は無垢材、少し反っていたり、曲がっていたりします。
クセを考えながら貼っています。
既製品床材場合はあまり考える必要がありません
モノづくりをする際に考えて仕事をする事が、
大工のプライドにもなり、責任を持ってくれることに繋がります。


コメントを投稿